長野市善光寺のすぐそばに居を構えるナノグラフィカの、日々の記録なのです。(主にアヤコ記す)
by nanographica
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
夏の終わり、よしこさんの横顔。
8月31日(水)あやこメモ

西の門市が終わって
やや平和な日常モードにもどる。
西の門市はハタから見ると
わりとのんびりゆる〜い感じに
見えると思うけれど、
やってる方はなんというか・・・
もりあがっているのであります。

普通のイベントに比べて
復旧とか、日常への戻り方は
スムーズであるけれど
それなりに精神と身体を使っているのは
間違いない、と思う。

これで10回やったことになるんだけど
今まで、これって私は
何をしようとしているんだろう?
とぼんやりしながらやってきた。
私個人としては、
自分がいつもいる町で
普段は買うことができないけど、
普段は会うことできないけど、
月に一回は買ったり、会ったりできる市、
だったらうれしいな〜と思っていた。
てづくりのものも好きだし。
市、っていうのはなんだか楽しそう。
というかんじ。
(ほかのメンバーにもそれぞれの
 イメージや妄想があると思います)

でも、いつもそうだけど、
こうだ!と思ってはじめても
結局、なんだ、これをやるってことだったのか!
って、ちょっと違ったりして、それもまた
予想外でおもしろかったりして。
それでやりながら考え続けていくわけで。

今回もまた、西の門市はやり方が新しすぎて
わたしにはなんのためにやってるのかとか
なんでわたしがやってるのかとか、
さっぱりつかめないでいた。
そして今もあんまりわからないけれど、
たぶん・・・50回とか重ねた時に
すごいことを成し遂げる気がする。
確実に。
(自分が50回できるかどうかもわかんないのに
 えらそうに言うな〜とか思ったりしつつ)

でもまあ、この市をはじめてから、
私は町の人と話すことがめちゃくちゃ増えて
違った角度から知ることが多くなった。
それってなんかリアルなことが多いっていうか。
単なるおべっかトークとか、
あいさつおほほトークとは違うかんじだと思うのです。
頭と、おなかの力を使います。笑。

わたしひとりで市をやっているわけではなく
関わる人それぞれにいろんなことが起きていると思う。
商品がバカスカ売れるわけでもないし、
とても地味で、しょうもなさそうに思う人が
ほとんどだと思うけれど、
でも、表面化しにくいだけで、
中味のあること、めちゃくちゃ時間がかかることを
じっくりとやっている、そういう感じだと思いました。

一体、何が育つんだろう。
この町には・・・と思った、
8月の市なのでした。


・・・

今日の仕事ショットより。
引き続き善光寺の境内マップ制作中。
夏の終わり、善子(よしこ)さんの横顔。

c0004927_17424831.jpg

う〜む、遅々としています。
[PR]
by nanographica | 2011-08-31 15:41
<< 写真を整理、そしてひとりごと もごもご独り言 >>


●ナノグラフィカとは●

地元雑誌とか新聞に記事を書いたり、本を作ったりする編集企画室です。演劇イベントを主催することもあります。

あと、善光寺の側にある古い民家を利用した喫茶室でもあります。
ちいさなギャラリーで企画展をしつつ、作家さんがつくった雑貨を扱わせてもらってます。

●ナノグラフィカ内
喫茶室・ギャラリー“金斗雲”
は12時〜日没頃まで営業してます。ほぼ火曜休み。展示などの詳細はお問い合わせ下さい。

●編集室のナノグラフィカは営業時間などなし。人がいたら何か作業しております。

〒380-0857
長野市西之門町930-1
026-232-1532(w/fax)

※ナノグラフィカ発行の月刊写真集&地図『街並み』を通販などでご購入希望の方は、↑の番号までfaxまたは電話をよろしくお願いします。e-mailはnanographica@mbn.nifty.comまでどうぞ。




※関連リンク
→ナノグラフィカweb
→長野門前暮らしのすすめ
→『街並み』日記
→きりぬき西之門新聞
→NEONHALL web
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧